アイドル活動を続ける事で、近い将来どの様になるのか?

「アイドル活動は企業広告、イベント・メディア出演を目指す為のプロモーションの一環と位置付けている」とはどういう事か?

歌が好きだったり、アイドルとして自分を高めていきたいという事が大前提ですが、アイドルとして躍進していく事は、自分の表現の幅を広げ魅力を発信していく事に直結し、他のモデルやタレントとしての活動にも大きな影響を与えます。

運営母体の「ケイオスPRO」では、広告のモデル手配、メディア出演のモデル手配を行っております。

最近の実例:

  • 花のれん(日本きものおしゃれチェーン)」カタログ
  • ラベル屋さん」ウェブモデル
  • 「KKベストセラーズ」パンフレット
  • とんねるずのスポーツ王は俺だ!!2018夏の決戦スペシャル(テレビ朝日)

ただ、仕事の量に対して、やりたい人の数が圧倒的に多く、毎回仕事には至りません。

多くの仕事をしたい希望者の中から自分を選んでもらう為にはやみくもにエントリーして低確率でも数をこなすのではなく、「強み」を持って、それを魅力として浸透させていくべきです。

ケイオスPROでは、他の事務所に比べて写真を撮られる場数は圧倒的に多いです。

その為、書類選考のみで仕事が決まる確率は高くなりますが、多くの応募の中から選考されるという流れから、「この人に仕事をお願いしたい」という風に名指しで仕事を獲得しようと思えば、更に魅力を発信するプロモーションが必要と考えております

であれば、アイドル活動よりも、モデルとしてスキルアップしていく比重を上げていけば良いのでは?

良い写真が残せるスキルは強力な武器ではありますが、写真のみで感情の描写や躍動感を出せるようになるのは難しく、時間も掛かります

アイドル活動を行う事は写真だけでは表現が難しい、女性らしさ、かわいさ、人間味を伝えやすくなります

動いている時はかわいいけど、写真になるとガチガチで広告としては起用しづらいという事にならない様にモデルスキルも同時に上げていく事になります

関連記事一覧


PAGE TOP